事例紹介(十勝)

十勝での2x4工法の普及

十勝地区は次世代エネルギー基準(平成11年3月制定)による地域区分で現在の住宅で対応できる最高水準の気密性・断熱性が求められる「地域Ⅰ」に属する寒冷地で、その気候・風土・生活に合った優れた性能を持つ住宅が求められてきました。

戸建住宅における2x4の普及立は55%
昭和48年から建材店、工務店による取組みが始まる。
昭和53年に十勝2x4協会設立。

以後、グループ化によるメリットを生かし、情報のオープン化と職人の養成が進んでいます。

 


施工事例

北海道の厳しい気候にも耐えうる2x4住宅の施工事例

基礎工事現場:基礎断熱工事

 

外壁通気工法:通気胴縁15x45mm@455mm以下

北海道の厳しい気候にも耐えうる2x4住宅の施工事例

壁:高性能グラスウール(別張り防湿材)

勾配天井:ブロア式(隙間なし、防湿シート)
壁:高性能グラスウール 厚み=140mm

北海道の厳しい気候にも耐えうる2x4住宅の施工事例

1階下枠シーリング

防湿気密フィルム 厚み=0.2mm

北海道の厳しい気候にも耐えうる2x4住宅の施工事例

1階陸屋根部分配管:結露対策/断熱材(ブロア方式)の欠損を補うため、配管の屋根面側に硬質ポリウレタンを使用したのち、ブロア方式断熱材を施工する。

建具まわり気密工事:
1. 開口部位置を対角カットする。
2. 幅切り及び折り曲げ
3. サッシ部分と防湿気密フィルムをテープ貼り(ブチル系合成ゴム)
4. 開口部コーナー押え(ポリプロピレン)
5. コーナー押えテープ貼り(ポリエチレンテープ)

北海道の厳しい気候にも耐えうる2x4住宅の施工事例

コンセント気密工事:
気密コンセントカバー

銀色のテープは加工・施工しやすい。

外壁ダクトまわり・床梁まわり気密工事:
気密テープ(ブチル系合成ゴム)

 

< 前へ次へ >