ニュース

2019年1月15日
COFIニュース

木造軸組工法住宅向けディメンションランバーたるき・床根太評定を更新しました

水平構面にディメンションランバーを用いた木造軸組工法住宅 床構面・勾配屋根構面の構造設計マニュアル・補助ツールを多くの方々にお使いいただいています。これらの根拠となっている一般財団法人ベターリビングの評定書CBL TS001-13号の有効期限は2018年12月23日でした。このたび、2018年12月12日付けで同評定の更新を終えました。従来の評定ではディメンションランバーの寸法形式が204、206および208に限られていましたが、更新と同時に寸法形式210と212が使えるように評定内容に変更・追加を行いました。これによって、寒冷地の屋根高断熱化のため、断面の大きなたるきに対応させてほしいというご要望などにお応えできたと考えております。更新済の評定書とマニュアルを弊会のウェブサイトからダウンロードくださるようお願いいたします。

2018年11月8日
COFIニュース

COFIが木造軸組工法用ミッドプライウォール 壁倍率5.0大臣認定を取得

MPWの部材構成と真壁的な納まり

カナダ林産業審議会では、カナダで考案・開発された高耐力壁ミッドプライウォールシステム(以下、MPW)注)を日本に紹介し、その普及促進の活動を行ってきました。MPWはもともと枠組壁工法(2×4工法)用に開発され、すでに日本国内でも複数の採用例があります。そのうち、特別養護老人ホーム「花畑あすか苑」(東京都足立区)は、MPWを用いていることが主な採択理由となって国土交通省が所管する平成26年度木造建築技術先導事業に選ばれています。

2018年10月17日
COFIニュース

「COFI中層木造建築デザインアワード2018」開催

カナダ林産業審議会(COFI)は、「COFI中層木造建築デザインアワード2018」を開催します。

日本国内ではこれまで建てられないと考えられていた「中層」の木造建築物が、近年少しずつ建てられるようになってきました。本アワードは、CO2の固定化や循環型社会の形成に資する木材の利用促進、さらには木造建築技術の発展と普及促進を目的として、これからの木造建築にさらなる可能性を見出せるような中層木造建築物の実例作品を広く募集します。たくさんのご応募をお待ちしております。