ゆうかり

西側からの建物外観。地域交流スペースへは国道側から直接アクセスできる。1階地域交流スペース4階廊下。グループホームの7つの個室が中廊下に面する。4階グループホームの居間食堂。

施設ではなく、やすらぎと優しさを感じられる住宅のような空間にしたいという施主の思いから、この木造4階建ての施設は生まれました。
生活介護、相談支援、緊急一時預かり、グループホーム(2ユニット)、さらに災害時は避難所としての機能も併せ持つ複合施設です。
主要構造部は2x4工法による耐火構造の4階建、引き抜きがかかる部分には層を貫くタイロッドにより基礎と強固に緊結しています。構造部でない柱を現しにして木造であることが実感できるような空間に仕上げています。平面的には各階に専用の玄関があり、層で機能が分かれていますが、4階建てのアパルトマンが2棟建っているような外観は人が寄り添い支えあって生きていくことを象徴しています。

ゆうかり

用途: 地域生活支援拠点
所在地: 鹿児島県鹿児島市
構造: 枠組壁工法 耐火構造 4階建て
敷地面積: 855.41㎡
建築面積: 404.21㎡
延床面積: 1297.53㎡
設計: 有限会社無有建築工房
施工: 深野木・川井田特定建設工事共同企業体
竣工: 2017年 9月
施設定員: グループホーム14名、通所施設20名