グランダ鵠沼松が岡(有料老人ホーム)

海風をかすかに感じる高級住宅街の中を歩くと、雑木林が目に入ると同時に見えてくるのがグランダ鵠沼松が岡です。「隠れ家的リゾートのような安らぎと心地よさに満ちた住まい」をコンセプトに、敷地内にもともとあった塀・樹木は極力残し、屋敷林が生い茂る閑静な高級住宅地の景観に溶け込むような施設としました。周りの邸宅と比べても高級感を漂わせながら、かといって決して威圧的でもなく、突出した違和感も醸し出さない調和性は知識人の別荘を彷彿とさせます。

内装はモダンでありながら木質感を要所に出し、光・風などを多く取り入れ、入居者が湘南の豊かな自然環境を感じられるようにしました。一歩中に入れば、まず足が違いを感じます。木造ならではの床の優しげな感触。そして、生け花やネームプレートなど、そこかしこに「和」のイメージが活かされ、その統一感が落ち着きを生んでいます。開設後1年。四季の移ろいを一巡りしたグランダ鵠沼松が岡の働き心地を聞いてみましょう。

グランダ鵠沼松が岡

用途: 有料老人ホーム
所在地: 神奈川県藤沢市
構造: 1・2階枠組壁工法 木造準耐火構造、地階RC造
敷地面積: 2908.01㎡
建築面積: 2242.33㎡
延床面積: 2242.33㎡(1階/1088.87㎡、2階/1088.56㎡、地階/64.90㎡)
設計: 日土地綜合設計(株)
施工: (株)ヤマムラ
竣工: 2009年 2月
施設定員: 定員58名
設計期間: 2007年 3月 ~ 2007年 7月
施工期間: 2008年 7月 ~ 2009年 2月

インタビュー

木造には季節の生花が似合うんです。

永原 めぐみさん(ホーム長)

「施設の善し悪しは入ったときの空気でわかるんです。」と永原さんは言う。

「自分がどこかの施設に行ったときに、空気があんまりよくないと思うことがあるんですけど、そういうふうにはしたくないですね。」

永原さんのそんな思いは、確実に育まれています。グランダ鵠沼松が岡の魅力は、その建物がひとつの要因になっていることは間違いないところですが、それとともに忘れてならないのは、ホーム長である永原さんのお人柄。ほがらかで人懐っこい永原さんの存在は、もともと光が満ちているホームに、さらに明るさをもたらし、“いい空気”を作り出しています。

「今までにいたホームは鉄筋だったのですが、ここは木造で空間としてゆったりしていると思いますね。天井も吹き抜けになっているので、その部分で広い空間が保てているのかなと思います。廊下も広くできていて、車いすどうしが横に並んで通り過ぎることができます。それに、2階建てなので、スタッフがどこにいるのかがわかりやすいのはいいですね。4階5階となると、スタッフの動きが見えなくなってしまうんです。ご入居の方が出てこられたときにも、スタッフはすぐに気付くことができます。天窓があって、部屋の窓も広いので、施設の中が均等に明るい感じがします。最初からホームとして建てたので、バリアフリーのところもいいですね。」

ホーム長が感じる働きやすさは、他のスタッフも同様に感じているようです。

「スタッフも働きやすいと言っていますよね。ここに来る前に大きな施設にいたスタッフも結構いますので、2階建てだとスタッフ同士のコミュニケーションがとりやすいと言っていますね。施設施設していない感じで、いつでもご入居の方に寄り添えるというのは、すごく働きやすいし、自分がこうだったらいいのになぁ、とイメージしていた空間に近いという話は聞きます。」

ホーム全体を見渡すポジションにいる永原さんは、デコレーションにも気を配っています。

「玄関のところには、季節の生花を置いているんですが、生花を置くとご入居の方やご家族の方がすごく喜ばれます。生花も丁寧にお手入れしているわね、とご家族の方からも言われます。木造だから生花が合うという部分もあると思います。」

ホーム長として特に気に入っている点は、スペースの多さだそうです。

「3つのティールームやファミリールームがあります。自然と調和しながらくつろげるスペースがあるというところですね。お部屋の中でご家族の方とお話しされることもありますが、だいたいティールームに出て、お話しされている姿をよく見かけますね。本当にお好きなように共有スペースは使っていただけているのかなと。」

開設後1年が経過したところで、木造の意外なメリットも感じはじめていると言います。

「まず、鉄筋に比べて湿気が少ないように思いました。それから、お客様が転倒しても骨折したことがないんです。鉄筋のときは、結構、転倒して骨折はあったのですが、ここではまだゼロです。」住み心地においても、安全面においても木造の優位性を実感した永原さんですが、お客様からも評価する声が多く上がっています。

「江の島にあった施設が老朽化したので、10名引っ越してきたんです。こちらは広いし明るいと、引っ越してきて喜んでいる方も多いです。」

このままの状態を保っていくこと。永原さんはそれを目指しています。