ナーシングホームはるかぜ(特養)

日本有数の温泉保養地、大分県別府市。海と山が近く、昔ながらの路地や家並みもたくさん残されているこの街の住宅街に『はるかぜ』は立地しています。一つの敷地に3棟ある施設の中で、左右シンメトリーで日本的な縦の格子をあしらったウッディな外観。

地球環境にやさしいCO₂の削減を目指し、木造耐火の2×4工法を採用。また太陽光発電システムを採用することにより建設コストの低減とランニングコスト低減の双方を実現しています。幅の狭い道路に接道する敷地に、いかにして”心地よい住環境”のユニットケアを作れるかをテーマにした4層(3階+ロフト)の建物 です。

『はるかぜ』の介護サービスの中で、ナーシングホーム(介護老人ホーム)としてユニットケアを行なっているこの建物は、2009年に新たにツーバイフォー工法によって建てられました。50床を擁し、癒しへの数々の工夫が施されたこの木の家で、介護をめぐるドラマはどのように進展しているのでしょう。皆さんの“五感の体験”をお聞きしました。

ナーシングホームはるかぜ

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県別府市
構造: A・C棟(両端 / 枠組壁工法 木造耐火構造)、B棟(中央部)・3階・ロフト / RC造
敷地面積: 1728.00㎡(523.63坪)
建築面積: 664.4㎡
延床面積: 2094.57㎡(1・2・3階各/649.54㎡、4階/145.93㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 森田建設(株)
竣工: 2009年 4月
施設定員: 定員50名 (1F/ユニット数×2(16名) 2F/ユニット数×2(17名) 3F/ユニット数×2(17名)
設計期間: 2008年 4月 ~ 2008年 8月
施工期間: 2008年 10月 ~ 2009年 4月

インタビュー

元気はつらつ!

Yさん(ご主人とご主人のお母さまのお2人が入居)
ほぼ毎日4~5時間一緒に過ごす奥様も、RCと木造の違いを実感されている。特にエアコンを補足的にしか使わなくていい“夏涼しく、冬暖かい”想像以上の効果に感心。
ほぼ毎日4~5時間一緒に過ごす奥様も、RCと木造の違いを実感されている。特にエアコンを補足的にしか使わなくていい“夏涼しく、冬暖かい”想像以上の効果に感心。

はるかぜを数年前から利用されているYさんは、新しいユニットケア棟が木造ツーバイフォーで建てられていく、その建築現場を何度か垣間見ていました。

「木材がたくさん運び込まれてきていて、素人目からは“本当にこれで介護施設が建つの?”という印象でしたね。あれ、ツーバイフォーの材料なんですよね。それをはめこんで造っていって。普通の木造とはちがうその作り方にもおどろきましたが、できあがって中を見て感心してしまいました。“こんなに和風にできたんだ”ってね(笑)。第一印象から居室はまるで我が家のようで、違和感はまったくなく主人も私もすぐ気に入りました。」

入居されてからご主人の様子に何かいい変化があったかお聞きしてみました。どんな小さな変化でも...と言葉を添える必要もなく、奥様は迷わず一つのうれしい事実をおしえてくれました。

「鉄筋の棟にいた頃は、主人はじっとしていることができなくて、ちょっと目を離すとガサガサと落ち着かないようで、別の部屋に入居しているお母さんの部屋に行っちゃったりで、私も気が気じゃなかったの。それが今では自分の部屋か食堂でゆっくり落ち着いて過ごすようになったんですよ。お母さんも一緒にユニット新館に移ったのですが、もう一人で行っちゃうようなことはなくなりましたよ。ほんと、私も主人も落ち着けてよかったと満足してるんです。」

傍らでにこにこ聞いていらっしゃるご主人。奥様の話にうなずきながら、ここでの生活のここちよさを自分も早く伝えたいとばかりにウズウズしてるご様子。そして決めの一言が飛び出しました。

「やっぱり木で造られてると、家とおんなじで落ち着くヨ。気持ちも若返るぞ!」

顔を見合わせて笑い合うお二人。さらに奥様はこう付け加えてくださいました。

「そう、この建物に移ってからは、お見舞いに来てくれた人がみんな『これ以上してあげられる孝行は他にないんじゃない』と言ってくれるんです。何年も介護する身としては、そういうふうに言ってもらえると本当にうれしいものですよ。」