明治清流苑(特養)

丘陵地にふっと現れる。ただよう品のよさにだれもが目を奪われてしまう。南フランスのリゾートホテルを思わせる佇い。

2006年に明治清流苑が開所したとき、通りかかった人々の多くはこの建物が特養ホームとは想像できませんでした。風車のように十字の形をした全景、アーチ型をあしらったバルコニー、真ん中に丸窓をあしらったセンターホール。木造建築ならではの”あたたかみ”が外観からもにじみ出ているかのようです。玄関から中に入ってみる。和洋折衷の内装に落ち着いたインテリア。 光と影のコントラストによる安心感。

そして、どこにいても吹き抜けていくここちよい自然の風。屋内には外観の印象をさらに超える、自然素材がもたらす癒しの住環境が整えられていました。従来の養護施設にイメージを大きく覆した明治清流苑。そこで生活する方々、働く人々が五感で受けとめている幸福感を探ってみます。

明治清流苑

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県大分市
構造: 1・2階/枠組壁工法(木造耐火構造)、地階/RC造
敷地面積: 6931.84㎡(2096.88坪)
建築面積: 2039.03㎡
延床面積: 4469.23㎡(1階/2003.04㎡、2階/1798.33㎡、地階/667.83㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 安藤建設(株)
竣工: 2006年 6月
施設定員: 特別養護老人ホーム(定員47名)、ショートステイ(定員13名)
設計期間: 2004年 12月 ~ 2005年 11月
施工期間: 2005年 11月 ~ 2006年 7月

インタビュー

うれしそうな表情をするようになったんですよ。

Tさん(ご主人が2008年から入居)
玄関から入ってすぐのロビー。自然光が抑えられ、間接照明が珪藻土(けいそうど)の壁や煉瓦、無垢材のインテリアの質感を浮かび上がらせて、ゴージャスな雰囲気。
玄関から入ってすぐのロビー。自然光が抑えられ、間接照明が珪藻土(けいそうど)の壁や煉瓦、無垢材のインテリアの質感を浮かび上がらせて、ゴージャスな雰囲気。

「木造っていうのは、家(自宅)からつながってる感じで、真っ先に『いいな!』と思ったんです。」

二つ年上のご主人が病に倒れたのは2005年。Tさんはそれ以来、病院~リハビリ病院~老人保健施設と施設を移り変わりながら介護を続けてきました。「歩けない、しゃべれない状態に突然なってしまい、ここに入居するまでの数年の急展開は、今ではもうよく思い出せないんです。そのくらい辛くて大変だったんです。」

2008年になり特養施設をさがしている中、Tさんが明治清流苑にピンときたのには根拠がありました。Tさんご夫妻は山登りが趣味。それもハイキングのレベルでは なく、アルプスの北岳も制したこともある本格的なアルピニストだったのです。自然の癒しの力の大きさを人並み以上に体験し愛してきたTさんにとって、日本最大級の木造 による特養施設が自宅から遠くないところに建てられたことは、大きなインパクトがありました。

「ここしかない! と家族で一大決心して、申し込みから半年待って入居することができました。木造ならではのこの建物の特徴については施設長さんから話を聞いていまし たが、実際に過ごしてみると何と言うか本当に安心できるんですね、主人も私も。主人の気持ちは顔の表情から読み取るしかないのですが、ここへ入ってからは以前に比べ て明らかに精神的に穏やかになりましたね。無表情だったのが回復してきて、うれしい表情さえするようになったんです。主人が職員の方々に心を開いて、安心して身をゆだ ねていることがよくわかります。私は土・日と祭日、娘が水曜の夜に会いに来ているのですが、今では主人は私たちが来たことよりも、差し入れ物が入ったスーパーの袋の方 が先に気になるみたいですから(笑)。」

「あと、ここでよかったと思うのは、いわゆる“施設のニオイ”がまったくしないことですね。きっと建物全体の風通しがいいせいでしょう。外から会いに来る家族にとって“施 設のニオイ”というのは、無意識のうちに気が重くなる要因のひとつですから。それから外観がおしゃれなのはやっぱり女性としては理屈ぬきにうれしいですね。...こうして 考えてみると、介護する側の私たちにとってもこの家はやさしいんですね。」

入居されて2年。奥様も心の余裕を取り戻すことができ、もう一つの趣味、若い頃から続けてきたバレーボールを再びはじめられたといいます。お盆、暮れ・正月、連休など はご主人を自宅に連れて帰ります。

「明治清流苑さんにお世話になってからは、家に連れて帰っても『戻りたくない』なんて言い出すことはありませんよ。主人はもともと予定をしっかりと立ててその通りに行 動するタイプの人ですが、カレンダーにしるしを付けたここに戻ってくる日になると、やっぱりしゃんとしてむしろよろこんで帰っていくんですよ。」