【入賞作品決定】第3回COFI中層木造建築デザインアワード

「日本における木造建築の中高層化」普及促進を目的としてCOFIは『第3回中層木造建築デザインアワード』を開催しました。3名の審査員の先生方(東利恵氏、腰原幹夫氏、原田真宏氏)に審査いただき、入賞作品8点が選出されました。

入賞者のみなさま、おめでとうございました。創造的かつ先進性に溢れた作品に取り組み、木造建築の発展と普及促進に寄与された関係者の皆さま方に敬意を表します。

カナダをはじめとする諸外国と比較すると日本は中層木造建築の分野ではまだ発展途上といえるでしょう。今回、本アワードは、木造建築の工法を制限せず、使用木材の生産・加工地の制限も設けずオープンな形で作品を募りました。工法間の技術の交流を図ることで日本の木造建築分野の活性化に繋がるものと考えています。切磋琢磨して中層木造にチャレンジされている設計、施工のみなさまを応援したいという思いもあります。COFIでは多くのみなさんが中層木造建築に参入されるよう今後もサポートを続けて参ります。

  

(昨今の感染症感染状況を鑑み、残念ながら3月に予定していた表彰式は中止といたしました。)

 

審査講評(特設サイト)