LEED認証でも環境評価の高さを誇るマスティンバー建築

北米において、比較的質量の大きいエンジニアードウッドを指すマスティンバーは、RCや鉄骨と比べて工期の短縮や建物の軽量化が可能であることから、理想的な建築材料として位置付けられていますが、環境評価の高さにおいても注目されています。

木材が循環資源というだけでなく、大量の木材利用で質量が大きいが故に得られる二酸化炭素貯留効率が高いことから、低炭素社会の実現に向けて環境負荷の少ない理想的な建築材料として期待が集まっています。

詳細はこちらをご参照ください。(Digital PR Platform掲載記事)